やまなし地域課題解決型起業支援金

令和3年度 実施中

【公募状況・ニュース】

今年度の募集は締め切りました。

来年度の実施は未定です。

【スケジュール】

・4月27日〜5月28日 第1回公募

・6月14日〜7月30日 第2回公募

・7月2日18:00 オンライン説明会

・7月5日 オンライン個別相談会

・8月10日 プレゼン審査

・8月中旬 交付決定

・12月31日 事業完了

・1月7日 事業報告締切

・1月中旬〜2月中旬 確定検査・支払い



起業支援金とは

 やまなし地域課題解決型起業支援金」は、地域の課題解決を目的としてイノベーション(新しい考え方や手法を取り入れて新たな価値を生み出すこと)を伴う起業もしくは、第二創業・事業承継を経て、事業を実施する方のための補助金です。

起業支援金を交付すると共に、事業の立ち上げを専門家等が伴走支援を行い事業を応援します。

事務局

一般社団法人Mt.Fujiイノベーションエンジンが山梨県からの指定を受け、起業支援金の事務局を担います。

Q&A

(1)すでに開業(開業届提出済み、法人設立済み)していますが、今回の対象になりますか?

→既に開業をされている方でも、既存事業とは異なる新たな事業のために個人事業開業または法人設立をされる場合は対象になります。

 

(2)会社設立や個人事業主の届出を行ったら補助事業は終了ですか?

→いいえ。本起業支援金の目的は、地域の課題を解決する社会的事業を実施することであるため、事業期間内に実際に事業を実施、または実施に向けた準備を行っていただく必要があります。

 

(3)事業は何件採択されますか?

→全部で10件程度の採択を予定しています。

 

(4)補助金を事業開始時に概算払してもらうことはできますか?

→いいえ、事前の概算払は実施しておりません。事業終了後に完了検査を経た上で、精算払によりお支払いします。

 

(5)今年度は全部で何回公募がありますか?来年度も公募をしますか?

→今年度は採択数が上限に達し次第公募を終了致しますので回数は定めておりません。来年度の公募の有無は未定です。

 

(6)「事業承継」と「第二創業」の定義を教えてください。

→本事業では以下のように定義致します。

「事業承継」:代表者の交代を伴い、新たな事業※へ取り組むこと。

「第二創業」:同一法人または個人事業主が、既存事業とは異なる新たな事業※へ取り組むこと。

※「新たな事業」は、日本標準産業分類の小分類において、既存事業と新たな事業がそれぞれ異なった業種(小分類)であることが必要です。